会社情報 健康経営とライフサポート

当社の企業理念である「正しく生きる、豊かに生きる」を体現するためには、まずは社員一人ひとりが心身ともに健康であることが不可欠です。そのため私たちは、社員がいきいきと活躍できるよう健康管理の枠組みを超えた各種取り組みを行っています。

健康経営とライフサポートの概要

無料カウンセリングサービス(EAP)

社員一人ひとりが心身ともに健康であり、約束した価値を提供し続けるためには職場環境の改善だけでは不十分であることも認識しています。なぜなら心身の健康を損なう要因には職場での問題のみならず、家族問題などプライベートに起因する事柄もあると考えるからです。そのような問題に対してもヤマシタでは外部の専門機関と提携し、「EAP = Employee Assistance Program(従業員援助プログラム)」として無料カウンセリングサービスを提供しています。ここでは、病気・ストレス・人間関係・キャリア・法律・ファイナンスなど幅広く専門家による相談が受けられます。

無料カウンセリング゙サービス(EAP)の図

組織風土調査(年2回)

ヤマシタでは、2015年度より会社そのものの健康診断ともいえる組織風土調査を定期的に年2回実施しています。この調査では、会社の理念や事業・仕事内容・制度待遇面などの全社的な領域から、直属上司との関係や職場状況など組織単位の領域にわたる64項目において社員の期待度と満足度を定点観測しながら、組織としての課題を認識しつつ絶えず改善活動につなげる指針としています。会社と社員との関係性を定期的に測ることが成長のために欠かせないプロセスと捉えています。この調査結果をもとに会社として、そして社員一人ひとりが自分ごとと考え、取り組んでいく全社的な活動として定着しています。

団体長期障害所得補償保険(GLTD)

従業員が事故や怪我などにより働くことができない場合に、保険や年金の補償範囲外である収入の一部を保障することにより従業員の生活をサポートします。全従業員(社会保険加入者に限る)を対象に収入の約30%を補償し、更に希望者は任意で補償を上乗せでき、最大で就業不能前と同等水準の収入を確保することができます。 “働けなくなった時の不安”を払拭し、安心して働ける環境を提供しています。

積立有給休暇制度

失効してしまう年次有給休暇の残日数を、私傷病、介護、育児などに利用できるようにしました。不測の事態に対して有給休暇を有効利用できるようにし、従業員のサポートをより充実させていくことに取り組んでいます。