CSR ガバナンス

ヤマシタコーポレーションのガバナンス体制についてご紹介します。

ヤマシタのコーポレート・ガバナンスへの考え方

ヤマシタコーポレーションでは、持続的な成長と企業価値の向上のために、コーポレート・ガバナンスの充実とコンプライアンス体制の推進に継続的に取り組み、経営の透明性と健全性を高めることに努めています。

コーポレート・ガバナンス

取締役会について

取締役会は取締役6名(うち社外取締役2名)で構成され、取締役会規程に基づき原則として四半期ごとに開催されています。取締役会は、当社の業務執行に関する重要事項を決定するとともに取締役の業務執行状況を監督しています。また取締役会には監査役が出席し、必要に応じて意見を述べています。

経営会議について

当社では経営上または業務遂行上重要な事項について十分に討議したうえで決定するため、「経営会議」を設けています。経営会議には、事業部/本部レベルの業務遂行に責任を持つ幹部社員が参画し、毎月1回定期的に開催されています。

コンプライアンス

コンプライアンスプログラム

当社の行動基準の1つとして「倫理・コンプライアンス」を掲げ、高い倫理観をもって行動することを意識しています。そしてそれを具現化した「コンプライアンスプログラム」を制定し、当社で働くすべての全従業員のモラル強化にも積極的に取り組んでいます。

コンプライアンス委員会

代表取締役社長を委員長とする「コンプライアンス委員会」を設置し、四半期に一度定期的に開催することで、コンプライアンス関連事項のモニタリング機能を果たすと同時に、より強固なコンプライアンス体制の構築・推進を目指しています。コンプライアンス委員会には顧問弁護士も出席し、専門的見地からのアドバイスをいただいています。

コンプライアンスに関するフロー図

コンプライアンスホットライン

企業活動に伴うリスクを早期に発見し、重大な問題を未然に防止することを目的として、「コンプライアンスホットライン」を設けて、従業員に告知しています。コンプライアンスホットラインになされた報告・相談内容は、コンプライアンス担当部署が公平な立場で調査を行い、適切に処理し、また、いかなる場合でも通報者が不利益を被らないことを保障しています。

業務管理体制

当社は、サービス提供エリアが広域で拠点数も多いため、厚生労働省から最も高いレベル※1の業務管理体制の構築を求められています。法令遵守にかかる監査※2を定期的に実施し、業務改善を行うことで、社内の業務管理体制を構築し、適正な事業所運営と安心できるサービスの提供を目指しています。

  • ※1最も高いレベルを求められる法人は全届出事象者数のわずか1%以下です。
業務管理体制の図